スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)

 民主党の枝野幹事長は12日、東京・JR新宿駅前で街頭演説し、鳩山政権の実績について、「残念ながら皆さんの期待に十分に応えることの出来た8か月間ではなかった。真摯に反省し、新たな出発をさせていただいた」と陳謝した。

 枝野氏はこれに先立つテレビ東京の番組で、参院選東京選挙区への3人目の候補者擁立について「現状ではなかなか難しい」と述べ、否定的な見方を示した。

細野氏「架空、違法支出ない」=領収書公開、漫画や衣料品計上−荒井氏事務所費問題(時事通信)
グレーゾーンの看護業務の実態調査案など大筋了承―チーム医療推進WG(医療介護CBニュース)
夢の企画再び! 「ランデヴー 日本料理名店との饗宴」(Business Media 誠)
火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 高校生の姉妹か 千葉(毎日新聞)
遣唐使オペラ上演 薬師寺玄奘三蔵院(産経新聞)

<APEC>閉幕 保護主義の抑止に向け閣僚声明も(毎日新聞)

 札幌市で開催されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易担当相会合は6日、先進13カ国・地域の貿易、投資の自由化の進展を確認したなどとする議長声明を採択して閉幕した。域内の地域経済統合や成長戦略なども議論を継続し、11月に横浜市で開催される首脳会議に示すことが盛り込まれた。

 議長声明とは別に、停滞している世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)に関し、早期妥結と保護主義の抑止に向けた閣僚声明をまとめた。

 貿易相会合にはアジア太平洋地域の21カ国・地域の閣僚が参加。6日までの2日間で、貿易投資の自由化を規定した「ボゴール目標」に関して先進13カ国・地域を対象にした達成度の評価、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想を中心とする地域経済統合の加速、域内の成長戦略などを議論してきた。【立山清也】

【関連ニュース】
APEC:貿易担当相会合開幕 保護主義回避で一致
APEC:国内で15年ぶり開幕 札幌
APEC:札幌で5日から貿易担当相会合
APEC貿易相会合:経産相と外相は出席へ
警察本部長会議:APECの万全警備を指示…警察庁長官

民主党新代表選出へ ちらつく小沢一郎の影(産経新聞)
看護師教育のみの学士課程促進を―日看協が要望書(医療介護CBニュース)
殺人未遂容疑で28歳男逮捕=職務質問の警官引きずる―警視庁(時事通信)
菅首相が誕生=衆院で「第94代」に指名―8日組閣へ、閣僚・党役員人事焦点(時事通信)
【小鳩退場】自民 挽回好機なお後遺症(産経新聞)

ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき(産経新聞)

 夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁することで与野党が合意した。当面は、ホームページとブログだけだが、本格的な「ネット選挙」に向け、一歩を記すことになりそうだ。

 ネット上で、ネット選挙のこれからについて議論を戦わせる「動画付きの討論会」が開催されていたので視聴した。

 ネットを使った政治活動の専門家に加え、みんなの党の衆院議員、柿沢未途氏も登場して、ネット解禁に至る与野党協議の内容などについて議論していた。

 「ネット解禁推進派」の論客たちがやり玉に挙げていたのが、簡易型投稿サイト「ツイッター」の解禁が、今回の与野党合意で見送られたことだ。

 「いろいろ理由はあったんです」。攻め込まれて神妙に答弁する柿沢氏。同じ政治家とはいっても、世代や個人差でネットへの親和度が違うことや、なりすまし、誹謗(ひぼう)中傷が問題視されたことを説明した。

 そこで、ネット解禁の与野党協議で「座長」を務めた民主党の桜井充参院議員の話題になった。

 「結構、大きかったんですよ、桜井さんの発言は」

 柿沢氏が指摘したのは、桜井氏が「自分でツイッターをやろうとしたら、すでに、自分になりすましてツイッターをしている人がいた」という逸話だ。

 柿沢氏の口ぶりからいって、桜井座長のこの発言が、与野党協議で「ツイッター解禁見送り」の流れを決めたということらしい。

 「まだ早い」。そんな空気がツイッターを退けた。解禁に積極的だった民主党も、政権与党になれば変わってしまう例だ。

 座談会に出席していた専門家たちからは、「ツイッターがないのは意味がない」と手厳しい意見もでたが、柿沢氏のいうように「100歩のうちの1歩」ということだろう。

 実は、このネット上の討論会には、気になる部分があった。

 「前座」と称して登場した大学院生たちの笑顔付きの「つぶやき」だ。

 ネット選挙解禁に関する討論会に参加する大学院生が、ネット解禁について語るという部分だったが、そこでこんなやりとりがあった。

 「1票入れても、意味があるのかと思う」

 「確かにそう思う時ありますよね、ぶっちゃけた話」

 「じゃあ、ネット選挙が解禁されても、選挙には行かないんです か」

 「信念持って(投票には)行かないですね」

 「まあ、ネット選挙で魅力的な政治家が見つかれば…」

 大学院でメディア論や、ジャーナリズム論を学んでいるという学生だが、マイクを握って「投票には行かない」と公言する姿が、ネットの現状をあぶり出しているように感じた。

 出席していたネット専門家の一人も同じ印象だったのだろう。

 「選挙では、候補者が、何を考え、何をしてきたか、という情報が少ない。なのに投票にいかなくてはいけないことが続いてきた。せっかく、ネットというツールがあるにもかかわらず、使われてこなかった。今回の参院選は、制約はあるが、候補者が何を考え、何をしようとしているのかを有権者がネットを通じて取ることができる。ただ、今回のネット解禁は、大きな一歩にすべきだと思う。どんなに情報出しても有権者がネットをみないで投票に行けば、ネット解禁には意味がない」

 熱くネット解禁の必要性を語った上で、調子を変えて、こう言った。

 「僕は選挙に行きませんなんて、マイクを持って大声でいうようなやつは、日本から出ていけ、と言いたい」

 延々と小さなパソコン画面でネット動画をみることになり、すっかり辟易(へきえき)していた私も、この一言で目が覚めた。(金子聡)

【関連記事】
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
iPadが上陸

犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
首相「閣議決定したい」=福島党首、署名拒否伝える―普天間(時事通信)
映画 「春との旅」全国公開(毎日新聞)
口蹄疫 大阪府が全農家に消石灰配布へ(産経新聞)
「ほおは真っ赤」痛々しい顔に驚愕証言 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)

史上最年少・小6プロ囲碁棋士、ほろ苦デビュー(読売新聞)

 史上最年少でプロの囲碁棋士となった小学6年生、藤沢里菜初段(11)が24日、東京・市ヶ谷の日本棋院でプロ初対局に臨んだ。

 テレビ早碁棋戦で、相手は堀本満成二段(20)。積極的な打ち回しを見せたが、140手まで先番中押しで敗れ、ほろ苦いデビュー戦となった。

 藤沢初段はチェック模様のブラウスにスニーカー姿。対局後、「いつもと同じ気持ちで対局しようと思っていた。序盤は良かった、その後が悪かった。少し悔しい」と話していた。

 日本棋院の対局日は月曜と木曜が基本となっており、この日は学校を休んで対局。これからも対局日は休むことになる。

【ワイドショー通信簿】子ども手当てと米百俵精神 小泉ジュニア、保育所に乗り込む
超々ジュラルミン並み強度 マグネシウム合金開発、熊本大チーム(産経新聞)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)
検審新制度も1年 起訴に民意反映(産経新聞)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)

御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)

 8日午後5時ごろ、長野県下諏訪町の諏訪大社下社で開かれている御柱祭で、高さ約17メートルの柱を垂直に立てる「建て御柱」の最中、柱に乗っていた氏子の男性3人が十数メートル下の地面に落下した。県警諏訪署によると、3人のうち、同県岡谷市の増沢徳寿(のりとし)さん(45)と同市加茂町4の平田和也さん(33)が頭などを打ち死亡。1人が軽傷。他に1人が軽傷を負ったとの情報もあり、同署が詳しい状況を調べている。

 建て御柱は保管場所から境内へ柱を運び、複数のワイヤやロープで引くなどして垂直に立てる儀式。県警や祭りの参加者らによると、ワイヤ1本が切れて柱がぐらつき、3人はバランスを崩して落ちたらしい。命綱を付けていなかった人もいた模様。また周囲にいた1人に切れたワイヤが当たり軽傷との情報もある。

 諏訪大社の御柱祭は6年(数えで7年)に1度行われる。8日は最終盤の見ものである下社「里曳(さとび)き」の初日で、多くの見物客が見守る中、1本目の「春宮一」の柱を立てていた。

 県内外の関連神社でも御柱祭は行われており、4月には同県千曲市の神社で、建て御柱の最中に柱が突然倒れ、氏子の男性4人が巻き込まれて会社員(38)が死亡、3人が重軽傷を負った。【武田博仁、大平明日香】

【関連ニュース】
御柱祭り:神事中に柱倒れる 氏子4人死傷 長野・千曲
木落とし:急坂に熱狂 諏訪大社
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:豪快「木落とし」−−長野
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕

女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
Mステ「シングルCDランキング」 おかしなカラクリあった(J-CASTニュース)
ポリ袋から別人の毛髪…大阪・高槻の死体遺棄(読売新聞)
動揺広がる与党=「政権末期」と野党―時事世論調査(時事通信)
<俳句塾>ニューヨークで最終回(毎日新聞)

生活保護受給者の向精神薬処方で緊急調査(医療介護CBニュース)

 大阪市の生活保護受給者にうつ病などの病気を装わせ、向精神薬を大量に入手させて転売したとされる事件で、長妻昭厚生労働相は4月27日の閣議後の記者会見で、ほかの地域で類似したケースが無いかを把握するため緊急調査を実施する方針を示した。同一月内に複数の医療機関を受診した結果、向精神薬が過剰に処方されているケースがないか点検するよう、同日付で各都道府県などに通知し、5月末までに報告するよう要請。また、不適切な受療行動があれば、その後の改善状況を7月末までに報告するよう求めている。

 調査は、生活保護の医療扶助を受けている人のうち、精神科に通院している約4万人を対象に実施。各自治体の福祉事務所が対象者の今年1月分のレセプト(診療報酬明細書など)を抽出し、同一月に複数の医療機関で向精神薬が処方・調剤されていないかを点検する。処方・調剤されている場合は、主治医の訪問などで内容の適否を審査し、不適切な受療行動が確認されれば、被保護者に対する指導などを行う。


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査
生活保護受給者の入所、7割超が「未届け施設」―東京都調査
生保受給者を守れ!―通知事実上撤回の舞台裏

母子殺害の死刑判決を破棄、差し戻し…最高裁(読売新聞)
帰化発言で都知事「社民党首を特定してない」(読売新聞)
「起訴相当」民主に危機感、くすぶる辞任論(読売新聞)
「想定内」「証拠評価の問題」=起訴可能性に否定的−法務・検察(時事通信)
公務員法成立は連休明けにずれ込み(産経新聞)

次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連(医療介護CBニュース)

 日本看護学会など48の看護系学会・団体で構成する看護系学会等社会保険連合(看保連、井部俊子代表)は4月23日の総会で、2012年度の診療報酬・介護報酬改定に向けた検討など5項目から成る今年度の活動計画案を承認した。井部代表は冒頭のあいさつで、12年度の同時改定に向けて「看護の適正な評価をしてもらうために、今年度、来年度は活動しなければならない」と述べ、「積極的にエビデンスをつくり、働き掛けをしていきたい」と強調した。

 承認された活動計画は、12年度の改定に向けた検討のほか、▽重点事項への研究助成▽内保連・外保連との連携強化▽効果的で迅速な情報提供-など。

 また看保連の役員会が、同時改定に向けて来年6月、「診療報酬改定への要望書」「医療技術評価提案書」「介護報酬改定への要望書」を厚生労働省に提出することを提案し、了承された。
 提案では、同時改定に向けた「具体的な活動」として、改定への要望項目について、加盟学会・団体の意向調査を実施することや、調査結果を役員会・委員会で検討することで、効率的な組織づくりをすることなどを挙げている。


【関連記事】
看護管理学会が都内で緊急フォーラム
「根拠に基づく診療報酬体系を」―三保連シンポ
看護師による在宅療養指導への評価を―看保連が要望書
提案技術の収集作業を本格化へ―次回改定にらみ看保連
介護報酬改定で要望書―看保連

<強盗殺人>78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)
ポルシェ監査役会を増員、VWから新任多数(レスポンス)
「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側−東京地裁(時事通信)
水陸両生 ガの幼虫 ハワイ大研究グループ発見(産経新聞)

無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)

 大阪府柏原市のJR関西線で今年2月、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが撮影のため線路敷地内に立ち入り電車のダイヤが大幅に乱れた問題で、違法に敷地内に入り込んでいた数人の人物が撮影されていたことが19日、分かった。産経新聞に匿名で写真が寄せられた。鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で捜査している府警にも同じ写真が送付されており、撮影の状況などから“容疑者”の可能性が高いとみて人物の特定を進めている。

 産経新聞社に郵送されてきた写真によると、線路敷地内に入り込んでいたのは4、5人の男性とみられる。うち3人は茶色や青色のジャンパーにジーパン姿で、人の背丈を越えるものも含め、少なくとも2台の三脚を設置していた。

 同封された手紙や地図によると、写真は、一団から200〜300メートル離れた線路敷地外から撮影。撮影者は、現場を通過しようとした電車が警笛を鳴らしながら徐行したために、電柱にへばりつくようにして撮影準備をしている複数の人物に気が付いたという。

 敷地内に入り込んだ人物たちは、警笛を鳴らされても動こうとせず、電車はいったん現場付近で停車し最徐行で通過。その後、同線の運行は一時見合わされ、JRの社員や警察官も駆けつけたため、居合わせたファンの間でも「あいつらが原因ちゃうの?」などと話題になっていたという。

 手紙では、このトラブルの後、JR東海道線でも同様の問題が起きたことが触れられ「残念を通り越して今後の趣味活動に対する危機感すら感じた」「ふつうの鉄道ファンとして彼らのような行動を許さないという意思表示だけはしておきたい」とも書かれていた。

 府警は、撮影された場所や状況が、実況見分などで運転士らに確認した内容とほぼ一致していることなどから、撮影されたグループの特定を進めている。

 この問題をめぐってはインターネット上でも、真偽の定かではない「現場写真」や「容疑者情報」が複数紹介されており、府警はこれらの情報も踏まえたうえで捜査をしている。

【関連記事】
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ
マニア暴走!乗客は大激怒 電車止めた“撮り鉄”って?
防げ「撮り鉄」暴走!山陰線は厳戒 複線化あす記念電車
“撮り鉄”運行妨害の次は“寝鉄”ソファー独占のワケ
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
<1歳男児死亡>虐待の疑いで女性から事情聴取 大阪・堺(毎日新聞)

うつ病対策、法改正含め検討=全国的増加に対応−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は19日、都内の渋谷労働基準監督署を視察した。視察後、うつ病が全国的に増えていることを踏まえ「健康診断の時に一定期間、眠れなくなっているなど(の症状)を聞いて、チェックできないかどうか。法律改正が必要であれば、それも含めて検討したい」と述べた。
 さらに同相は、健康診断を通じた対策強化の意義に関して、「自殺対策にもつながる。本人はうつ病と分かりにくい」と強調した。 

「起こるべくしておこった」石破氏、日米会談で普天間進展なし批判(産経新聞)
700万収賄の疑い 元常務理事逮捕 都家具厚生年金基金(産経新聞)
危険業務従事者叙勲に3625人(時事通信)
免疫抑制剤プログラフをインドで発売―アステラス(医療介護CBニュース)
<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)

「1Q84」BOOK3、10万部を増刷(読売新聞)

 新潮社は7日、4月16日発売の村上春樹さんの小説「1Q84」BOOK3について、予定していた初版50万部に加え、10万部の増刷を決定したと発表した。 発売前から、予想以上に書店や読者からの反響が大きいためという。昨年刊行されベストセラーとなったBOOK1(132万部)、BOOK2(112万部)と合わせた累計部数は、これで304万部に達した。

猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
<遺体発見>車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野(毎日新聞)
小学校にミカン植えた男逮捕=130本、一部土地所有−宮崎県警(時事通信)
「糖尿病初の再生治療薬になる可能性」―仏サノフィ導入の新規化合物(医療介護CBニュース)
死刑制度:韓国での議論も国際通商上の問題に?

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
アフィリエイト ホームページ
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
ライブチャット
債務整理
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    カナ (08/27)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    志波康之 (01/13)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    カドルト (01/08)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    タンやオ (12/28)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    ちょーたん (12/13)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • 鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM